>

歯医者さん、私的雑感

変化する歯医者さん

最近の歯医者さん事情は大きく変わっているようです。
他の医院と比べるとすごくきれいな歯科医が多く感じますし、特に入りやすい(子どもにもわかりやすいような色使いであったりとか)外観のところもありますよね。
受付がとても親切でわかりやすく、ホームページなどから予約ができるのも今や当たり前となっています。
昭和を知る世代としては、なんだか歯医者さんがずいぶん明るいイメージで入りやすいなあ、などと思うわけです。
でも、これが現在のスタンダードです。
治療にあたりその歯もちゃんとみせてくれますし、しっかりと理由を説明してくれます。
もちろん、診療する機器の進化もあると思いますが、今時の歯医者さんは昔とは格段に診療とサービスの質を上げています。

きれい、そして行きやすい歯科医

先のきれいな外観という点でも、そして院内もきれいな歯医者さんが多いです。
治療してくれる歯医者さんの腕がいいのをもちろん希望しますが、こうした入りやすさというのはとても大事だなと思います。
そして、治療における清潔感も大事です。
最近では、使用している治療器具が清潔であることはもちろん、治療の際に必要なゴム類のマスクや口内バキュームなどの洗浄や廃棄などが徹底されているところがいい歯科医の基準にもなるそうです。
口の中というとてもデリケードで場所ですので、衛生管理はやはり重要な要素です。
新しい診療機器と厳しい衛生管理、そしてわかりやすい診療など、そのような歯医者さんがあれば積極的にしかも定期的に行きたくなります。


この記事をシェアする