>

長くつき合える歯医者さんとは

口元のメンテナンス

歯科治療の場合には、他の診療科と異なりしっかりとケアして、そしてメンテナンスができていれば大事に至るケースはあまりないと思います。
もちろん、例外的に普段の検査ではわからないことも稀にあると思いますが、おおよそ予防にまさる治療はなしという感じではないかと思うのです。
私も毎回治療後に言われる「本当は何ヶ月かごとにクリーニングするといい」というようなアドバイスをいただくのですが、まさにそういうことだと思います。
つまり、いかに定期的に行けるかがとても大事なことです。
治療まで至らずに歯の健康が維持できれば、結局その費用も節約できるわけですから、しかも、歯もその都度きれいになり患者にとってもメリットが多いです。

気軽に通えること

定期的に通うことができる歯医者さんを考えたとき、やはり患者の歯の状態を把握してくれていることではないでしょうか。
そして予約のしやすさもあります。
やっぱりお店のように、受付がていねいでしかも予約が取りやすいと、いつでも行ける(行きたくなる)安心感がありますしね。
患者の歯の状態にしても、カルテが残っているので当然のことなのですが、その患者の特徴を把握して適宜アドバイスしてくれると、患者も虫歯や歯周病に対して敏感になります。
加齢してくれば歯茎が下がってきたり、歯石がたまったりすることもあるでしょう。
歯は再生不可能なものなので、こちらのことをわかっていてくれれば相談もしやすくなる。
たとえとしては変ですが、行きつけの飲み屋だったり、いつもメンテナンスを頼んでいるカーショップだったり、そんな気軽に通えるイメージです。


この記事をシェアする